家族の成長に合わせて
楽しみが増えていくお家


2019 年 3 月竣工/
取材日 2020年 9月
【商品タイプ】BinO 「WAVE」 
【家族構成】夫婦 + 子 3 人

ご主人:前から自分の家が欲しいと思っていたのと、住んでいたアパートが狭くなってきたので家づくりを考えはじめました。また、タイミング的にも一番上の子が小学校に上がる前に家を建てようと思い、ハウスメーカーを色々と調べたりいくつか展示場を見に行ったりしてました。実はその中で話を進めていた会社があったんですが、向こうのペースで「次はいつにしましょうか?」とどんどん進められていた感じがあったんですよね。

奥様:そこの営業さんに対してちょっと疑問に思うところもあったんです。主人の譲れない希望に対して「それは付けても意味がないですよ」みたいな感じでバッサリ否定されたり、言い方とかもあんまりで正直“うーーーん。”っても思うところがいくつかあって。そんなときに3人目の妊娠がわかって、家を建てる計画はとりあえず子どもが無事に生まれてから、また改めて考えようと白紙に戻したんです。妊娠のきっかけがなかったら、家に関して何の知識もなかったし、あのまま流されていたと思います。

ご主人:その後一年半くらい間が空いてしまいましたが、落ち着いてきたのでまたハウスメーカーを見て回りました。色々見た上で「やっぱりBinOの家イイね!」ってなって、改めてBinOの家を見てみようと他の加盟店さんのところにも行ってみましたが、最終的にブルーワンさんの後明(営業)さんの良い印象がずっと残ってたんです。心の中にはずっとブルーワンさんがあったんでしょうね。予算の問題もあったので、「最後にもう一回ブルーワンに行って後明さんに相談してみよう。この予算でいけるのなら、進める。難しいようであるなら、家自体を諦めよう」という気持ちで行きました。そしたら、後明さんはちゃんと私たちのことを覚えてくれてて、予算と希望の話をした上で“できる!”と断言してくれました。もう完全に決め手は後明さんでしたね。

奥様:毎回打ち合わせのときにメモの写しをくれるんですが、今回この取材があると聞いて、取って置いたメモを見返してみたんです。そしたら一番最初の打ち合わせのメモには、私たちとんでもないこと言ってるな~って内容がたくさん書いてあって(笑)。でも後明さんは私たちの希望を一切否定せず、真摯に聞いてくれたんです。その時の、私たちの話を一生懸命聞いてメモしている後明さんの誠実な顔を覚えているんですよね。

ご主人:昔から庭で家族とBBQするのが夢だったので、敷地に余裕があるところを探しました。アパートに住んでた時の地域では、なかなか良い土地が見つからなかったので、あまり地域を限定しすぎず由比から藤枝辺りまで広範囲で見ました。売土地のサイトはよくチェックしてましたよ!藤枝に遊びに来てたときに「この辺もアリかもね〜」なんて話してたこともあったんですが、急にここの土地が空いて。充分な広さの庭が作れて、その上車も4台以上置けるこんな広い土地が予算内で見つかるとは思いませんでした。

奥様:こちらからも気になる土地があると後明さんに情報を送ってたんですが、毎回ちゃんと現地まで見に行って返答してくれるんです。後明さんが指摘したところって本当にその通りなんですよね。こことは別の土地で「ここは◯◯の関係上、あまりおすすめではないです」って言われたところは、この地域に住んでから確かに!ってわかって納得することばっかりで。いつも的確なアドバイスをくれたので、安心でした。

▲贅沢なほど、広々とした敷地。お子様たちは周りに気兼ねなく外で思いっきり遊んでいるそう♪

ご主人:家を建てるときに「無理はしない」というのを決めてました。無理してローン組んで家を建てても、経済状況が苦しければ余裕を持って遊べないですからね。他社では予算を上げないと難しいと言われましたが、後明さんがうまく予算内に収めてくれたんです。

奥様:予算を上回らないようにうまく誘導してくれたんですよ。設備関係も上を見たらキリがないですからね。あまり悩んだりしないよう、始めから選択肢を狭めてくれたんです。余計なものは見せない。上手に道を導いてくれた感じですかね(笑)。あとからSNSを見たり友達から聞いたりして、そんな設備あったんだ〜!って知ったものもありますが、後悔は全くしてないです。自分たちの身の丈にあったものを。私たちにはそれで良い。今で大満足しているので、後明さんに感謝です!

ご主人:予算、予算とは言ってますが、だからと言って妥協したとか我慢したとかはないんです。やりたかったことはすべて叶ってるんですよ!!だから、本当にうまいことやってもらったんだな〜と思います。

奥様:夫婦とも好みがバッチリ合って、鳥坂展示場の雰囲気がすごく気に入ったんです!もう鳥坂展示場“愛”ですよ(笑)!!こんな家に住みたいって思ったので、仕様はほとんど同じです。打ち合わせの時も「ここの大きさはどうしますか?」「この位置はどこにしますか?」とかいう内容は、展示場を確認しながら「あ、もうこれと同じで!」って感じだったのでスムーズでした(笑)。なので、間取りや部屋の大きさも一緒です。

▲展示場と同じように、天井のはめ板と腰壁を採用。ご夫婦ともナチュラルな雰囲気よりカッコいい感じが好みだと、塗装も展示場と同じトーンで統一した。

ご主人:見てもらうとわかると思うんですが、リビングの照明も同じです(笑)。メーカーで廃盤になってしまっていたので、ネットで同じものを探してオークションで取り寄せました。アウトドアストッカーに置いている棚も同じものが良かったので、探して買いました!

▲ペンダントライトは届いた状態で不具合があったので、ご主人自ら直して設置したのだそう!アウトドアストッカーは壁も天井も展示場と同じ仕様。鳥坂展示場はまさしくご夫婦の理想の家だとか

奥様:キッチンの後ろのアクセントクロスはレンガ調のものにしました。部屋の雰囲気に合ったと思うのでやって良かったです!階段の照明は一目惚れしたものがあったので、自分たちで買ったものを付けてもらいました。色んな人に「この照明素敵!」と褒めてもらえるので、嬉しいです♪

▲取材スタッフが思わず「お洒落!」とテンションが上がってしまった、カフェのようにオシャレに陳列されたキッチン棚とデザインが凝っている階段照明。カッコいい感じにしたかったと、スイッチは全てアメリカンスイッチに。無骨な感じがクール!

  

奥様:洗面は造作です。扉を開けているとリビングから見えるので、どうせならカッコよくしたいなと思って作ってもらいました。シンプルで使い勝手も良く気に入ってます。脱衣所と洗面を分けれるように、その部分だけ天井を低くしてロールカーテンを設置してもらいました。今はまだ子どもが小さいから使ってないけど、成長したら必要になると思って。

奥様:長女の入学式に間に合うように引っ越しをしたかったので、工事のスケジュールを詰めてもらったんです。ひとつでも予定が崩れば間に合わなかったと思いますが、山下(現場監督)さんをはじめ職人さんたちのおかげで何とかなって本当に感謝しています。山下さんもとても良い方で、現場に愛を持っているっていうのが伝わってきて信頼できました。

ご主人:棟梁の仕事ぶりもすごかったです。職種は違えど、仕事ぶりを見ていると無駄がなく正確というのがわかりました。それに現場に急に行っても、いつも整然としてるんですよ。本当に良い方たちに恵まれたなと思います。



奥様:セカンドリビングは子どもの遊ぶスペースになっています。遊ぶところはセカンドでって決めているので、リビングが雑多な感じにならなくて済みます。友達が遊びに来ても、大人はリビングでくつろいで子どもたちはセカンドで自由に遊ぶっていう空間の区切りができるので、良いですよ!

ご主人:ウッドデッキは標準より少し広くしました。夏はここで2週間に1度くらいのペースでBBQしてました。2階にあって周りからの目線もなくなるので、完全なプライベートスペースになりますからね。プールを出して遊んだり、お昼を持って出てピクニック気分を味わったり。たまに子どもが寝静まったら椅子を出して、夫婦ふたりで星を見ながらお酒を飲んだりして楽しんでます。

ご主人:コロナ禍があって、本当にこの家を建てて良かったと思いました。外出できなくても充分家の中と敷地内で遊べたので、家族みんな変にストレスを溜めずに済んで助かりました。あのまま賃貸に住んでたら今頃大変だったろうな〜と思います。

奥様:本当に何の不満もなく大満足なんです!!家の中も外観もどこもお気に入りだし、生活も快適です!建ってから一年半くらい経ってますが、今でも毎日楽しいです。今は子どもが小さいので極力ものを置かないようにしてますが、もう少し大きくなったらニッチを飾り付けしたいんですよね。お洒落な間接照明や観葉植物を置いたり、まだまだ楽しみがいっぱいです♪きっと子どもたちが巣立っていって夫婦ふたりだけになっても、絶対楽しいんだろうな。この家は、家族の成長に合わせて楽しめる、のびしろのある家だと思います!

EXAMPLE 施工例一覧に戻る